【超万能】大型オナホールを隅々まで綺麗に洗えるオススメ洗浄方法

【超万能洗浄方法】洗いにくい大型オナホールでも楽かつ隅々まで綺麗に洗えるおすすめの洗浄方法


大型オナホールは挿入長が長くて奥まで指でゴシゴシ洗えない・・・
挿入域が深い大型オナホール
複雑に入り組んでいて隅々まで洗えてるか不安・・・衛生面で怖くて生挿入できない・・・
無次元加工の大型オナホール
挿入口が小さいし穴も広がりにくいし手を入れてゴシゴシできない・・・
入口が小さい大型オナホール
溝と溝の間も隅々まで洗えてるか不安・・・生挿入中でも衛生面が心配になって萎えてくる・・・
肉壁が細かい大型オナホール
大型オナホールの洗い方と言えば、指を突っ込んでゴシゴシ洗うのが一般的ですが、それだと体力を使う上に隅々まで綺麗に洗えません。以下の方法は楽かつ隅々まで綺麗に洗える大型オナホールに特化したおすすめの洗浄方法です。

尚、この洗浄方法はオナホール分野ではかなり洗いにくい大型オナホールでも隅々まで簡単に洗えてしまうので、ハンドホールはもちろん例え洗いにくい特殊なオナホールであっても、すべてこの洗浄方法で隅々まで洗えます。以下の特に便利グッズを用いたおすすめの万能な洗浄方法さえ知っておけばもう無敵です。

無料編

大型オナホールを家にあるもので隅々洗浄する方法

水と洗剤を注ぎ超柔らかめ歯ブラシを使ってゴシゴシ洗う

大型オナホールをとりあえず家にあるもので隅々まで洗浄する方法は、おまんこ部分やアナル部分などのホール内部に水を注ぎ、シャンプーやボディーソープなどの洗剤を流し込み、超やわから目の歯ブラシでゴシゴシ洗うのがオススメです。

歯ブラシは、内部の肉壁を傷つけないように超やわらか目のものを使用します。


ホースがあると非常に便利【無い場合はシャワーヘッドを外す】

水を注ぐ際ですが、ホースがあると水を注ぎやすいです。ホースが無いという場合は、シャワーヘッドを外せばホースになります。大型オナホールは挿入口が小さく入れにくいので、ホール内部に水を注ぐ際はやはりホースがあったほうが楽ですし水道を無駄にしなくて済みます。

また、ゴシゴシ後、奥に溜まった洗剤などを洗い流すにもやはりホースのほうが水流が強い上にピンポイントに洗えるのでとても洗い流しやすいです。


便利グッズ使用編

大型オナホールを便利グッズで隅々洗浄する方法

洗剤は隅々まで汚れを落とせるオナクリーンを使用

洗剤は、ヒダとヒダや細かい溝の隙間まで隅々行き届いてくれるオナホール専用の洗剤オナクリーンを使います。このオナホール専用の洗剤を使えば、細かいヒダとヒダの間や無次元加工の複雑に入り組んだ内部も隅々まで綺麗に汚れを落とせます。

ゴシゴシ洗いたい場合は、超やわらか目の歯ブラシを使います。


水筒洗浄用ブラシでゴシゴシ洗う

楽にゴシゴシこすって洗う場合は、水筒洗浄用ブラシを使用します。このブラシはホームセンターや100円ショップに売っています。以下の1~5のポイントがすべて揃っているブラシが一番最適ですが、1~2が当てはまるブラシであればどれでも綺麗に洗えます。

  1. 先端が曲がったタイプではなく丸型
  2. 先端がスポンジではなく毛タイプ
  3. 先端がよく曲がってしなる
  4. 柄が柔らかくよくしなる
  5. 毛の部分が剛毛タイプではなく柔毛タイプ

探すのが面倒な場合は、上記のすべての点が揃っている、REDECKER社のボトルブラシ(豚毛)が一番おすすめです。豚毛で柔らかく内壁を傷つけないので快適に気兼ねなくゴシゴシ洗えます。このブラシは楽天市場等で買えます。

また、このブラシはよく曲がるので、ホール内部が大きく湾曲した特殊なオナホール(例:こころ)を後々買ったときにも洗浄の際に非常に重宝します。要は、このブラシさえあればどんな洗いにくいオナホールでも隅々まで綺麗に洗えます。


推奨:REDECKER社のボトルブラシ(豚毛)
1.先端が曲がったタイプではなく丸型を選ぶ
ブラシには、先端が折れたものと丸型のものがありますが、折れたタイプではホール内部で引っ掛かって洗いにくいので、丸型のブラシが最適です。

また、先端が丸型でないと極上生腰のような非貫通式大型オナホールの最奥部の汚れがうまく落とせません。 ですので、大型オナホールの洗浄には丸型が最適です。
最適
不向き
2.先端がスポンジではなく毛タイプのもの
スポンジタイプでは極上生腰のような無次元加工で入り組んだ内部を隅々まで洗えないので、毛タイプのブラシが最適です。

毛タイプであれば、無次元加工型はもちろん溝と溝の間が気になる溝ホール型の大型オナホールでも隅々まで洗えて万能です。
最適
不向き
3.先のほうがよく曲がってしなるもの
ブラシには先のほうのブラシ部分の芯がポリプロピレンで曲がりにくいものと、バネ状ステンレスのよく曲がるものがあります。ポリプロピレンのブラシは、柄のほうは曲がりやすいのですが先の方はやはり曲がりにくいです。

曲がりにくいものだと極上生腰のような入り組んだ内部を柔軟にこすれないので、よく曲がるバネ状のステンレスタイプのブラシが最適です。グニャグニャしてもいいぐらい柔らかいほうが最適です。

極上生腰はもちろん、ホール内部が非常に洗いにくいこころのような特殊なオナホールでもこのブラシさえあればラクラク隅々まで洗浄できます。
最適
不向き
4.柄が柔らかくよくしなるもの
大型オナホールには、ホール内部がストレートではなく極上生腰のように入り組んだいるものもありますので、柄が硬いタイプよりもよく曲がるステンレスのバネタイプや、同じくよく曲がるポリプロピレン製タイプの柄のほうが後々融通がきいて便利です。

上記でも述べましたが、内部が大きく湾曲しているこの特殊な神オナホール『こころ』を後に買った時にも柄が柔らかいブラシのほうが圧倒的洗いやすいです。

オナホールに合わせてそれぞれブラシを買うのもばからしいので、どんな洗いにくいオナホールでも万能に使える柔らかいブラシを一本持っておいてほうが圧倒的に便利かつ経済的なのは言うまでもありません。
最適
不向き
5.毛の部分が剛毛タイプではなく柔毛タイプを選ぶ
大型オナホールの内部の内壁にはイボイボなどのテクスチャがありますので、これを傷つけない柔毛タイプが最適です。剛毛タイプでゴシゴシしてしまうと、せっかくの気持ち良い内壁の感触が感じられなくなってしまいます。

ホームセンターで選ぶ時は、パッケージに「デリケートな素材へのご使用はお避け下さい」等が記載された剛毛タイプは今回不向きとなります。「材質にやさしく・・・」等記載されている柔毛タイプや特に記載されていない標準タイプ、柔らかい豚毛タイプをお選びください。
最適
不向き

REDECKER社のボトルブラシのように上記の1~5のポイントがすべて揃っているブラシが一番大型オナホール洗浄に最適です。REDECKER社以外の推奨ブラシでは、毛が少し硬くなりますがマーナ社のステンレスポット洗いブラシも最適です。ホームセンターや楽天市場等どこでも購入可能です。

ですが、すべての条件が当てはまるブラシを探すのは困難なので、とりあえず1~2が当てはまるブラシであればどれでも綺麗に洗えます。

なお、特に注意したいのはブラシの硬さで、あまり硬めの毛だと大型オナホール内部の内壁を傷つけてしまいます。ですので、“柔らかい毛”や“傷つけない”等の商品記載があれば、ゴシゴシこすって洗っても感触の決め手となる内壁を傷つけることはありません。

「ホース×スーパーウォッシュ」の強力な水流で隅々まで洗い流す

ホール内部がシンプルにストレートである大型オナホールの場合は、ホースだけでもしっかり洗い流せます。

ですが、極上生腰のような複雑に入り組んだ無次元加工の大型オナホールの場合は、スーパーウォッシュをホースにあてがった強い水流の状態で洗浄することで隅々まで溜まった汚れをしっかり洗い流せます。

内部が肉壁で敷き詰まって入り組んでいたり、挿入域が長く深いため水流が持たないといった大型オナホールであっても、このホース×スーパーウォッシュなら最奥部までシッカリ洗えます。


通常の使い方はペットボトルにはめて使いますが、ホースやシャワーヘッドを外した状態のホース出口にあてがって直に使うことが一番楽な使い方です。

一度試してみないとなかなか必要性を感じないスーパーウォッシュですが、一度使うと決まってこれを使うことになるほどの必需品レベルに便利な洗浄グッズです。


なぜここまで綺麗に洗うのか?

なぜここまで綺麗に洗うことにこだわるのか

すべては生挿入で最高の快感を味わうために

コンドームをつけて大型オナホールを使う際は衛生面であまり気にならないからもしれませんが、生挿入ならトロットロの感触や本来の最高の感触を感じることができるのでコンドーム使用よりも生挿入のほうが圧倒的に気持ち良いのは言うまでもありません。生挿入するにあたってやはりホール内を綺麗にしておきたいところです。

ホール内を清潔に保てるので亀頭が炎症にならなくて済む

普通の洗い方と違って上記の洗浄方法なら、例えば極上生腰のように肉壁が敷き詰まって複雑に入り組んだ無次元加工の内部の大型オナホールであっても隅々まで清潔に洗えます。ホール内を清潔に保てるので、生挿入しても亀頭が炎症などにならずに済みます。

炎症が原因で別の病気を発症したり、炎症があるままフェラやセックスなどをすると面倒な病気にかかることもありますので、やはりホール内部は隅々まで清潔に洗うことが必須です。

普段はコンドーム使用派で時々洗う場合にもサッパリ綺麗に

「コンドーム使用派だから毎回は洗わない。生挿入するときだけ洗う」という方にも上記の洗浄方法がおすすめです。普通な洗い方と違って上記の洗浄方法なら、毎回洗わなかったホール内部も殺菌&隅々まで洗えるので放置して日が経ったホール内部でも清潔に綺麗できます。「亀頭炎になってしまうかも・・・」といった心配をしなくて済みます。

このページを共有するTweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookShare on Tumblr

結局、何を買い揃えば最強の環境にできるの?

神レベルの快感を味わえる最高のオナニー環境を実現するために必須な便利グッズ一覧は以下より。